コラム

2015年7月10日 / イベント

社内WS レポ【6月】
「普段の印象をアップするカラー講座!」


カラー講座トップ画

みなさん、こんにちは~!デザイナーの塩原です。
6月27日、GOSPA社内にて「普段の印象をアップするカラー講座!」を開催しました~!

 
≪講座の内容≫

1.色の心理テストと心理効果の紹介
2.色のイメージを表現してみよう!(実習)
3.2015年トレンドカラー紹介
4.色の見える原理
5.パーソナルカラー診断
6.色に関するおもしろサイトを紹介

時間の関係で今回「4.色の見える原理」ははぶかせてもらったのですが、
3時間、みなさんに色について紹介させていただきました。

 

はじめに

詳しい内容の前に、今回カラー講座を開催することになった経緯を少し説明すると…
もともと色に興味があったのと、ファッションの専門学校でデザインや色彩学について学んでいたので、
その経験と知識をシェアできたらいいな、と思い今回のカラー講座をすることになりました^^
なので、私も色に関してはまだまだ勉強中なのですが、講座開催に向けて準備する過程で私もいろいろ情報まとめてやらせてもらいました!

では、実際どういうことをやったかというと、、、

 

1. ”心理テスト” をしながら ”心理効果” について知ろう

まずは、色の持つ心理効果とイメージ (6月25日のコラム:知っていると仕事や私生活でも活かせる!色のもつイメージとその効果)を紹介しながら、色にまつわるちょっとした豆知識もまじえつつ心理テストをしました!

おそらく、ほとんどの人が色に関する心理テストの経験があると思いますが、
だいたいが“好きな色”でみる性格診断だと思います。

今回はそれに加えて“気になった色”を選んでもらい、
現在の精神状態を色で診断してみたので紹介します!
▼この色の中から直感で “今、気になる色” を選んでみてください。一番目に止まった色ですよ。
カラー心理テスト

 

みなさん選びましたか?

 

≪結果はこちら≫

 

赤色を選んだ人→ 気力がみなぎっています。前向きなやる気が出ているとき。いろいろ挑戦してみたい気持ちを持っています。
■■■■■■■  何か新しいことを考えている。攻撃的な状態。自分しか見えていないかも。
紫色を選んだ人→ 何か心配事や悩みを抱えている。なんだか情緒不安定。気分が晴れない。直感が鋭く働く。
■■■■■■■  自分の世界にこもっている。元気がない。
黄色を選んだ人→ 明るい気持ちで元気です。にぎやかさが欲しいとき。開放的な状態。新しいアイディアが浮かびやすい。
■■■■■■■  面倒なことや困難なことは避けたい。一人の孤独感が怖い。弱みを見せたくない。
青色を選んだ人→ 真っ直ぐ頑張ってる。自分に満足している。感情をうまくコントロールできている。安らいだ状態。不真面目な人
■■■■■■■  が許せない。周囲にイライラしている。本音を隠している。いまストレスは無いが溜まる要素を持っています。
橙色を選んだ人→ 人間関係に満足している。物事がうまくいっている。仲間意識が強い。計算して行動している。
■■■■■■■  調子はいい。人の気持ちを察することができている。空気が読める状態。
緑色を選んだ人→ 理想を求めて完璧をめざしています。なにか疲れている。理想と現実の差を感じている。期待に応えようとする
■■■■■■■  気持ちが強くなっている。睡眠不足で眠い。充実感が欲しい。
茶色を選んだ人→ 安心感を周りに与えています。穏やかな精神状態。包容力がでている。好調を維持している。自分をコントロール
■■■■■■■  できている。地味になっている。本心を隠している。
白色を選んだ人→ 素直で明るい心の状態。潔癖性を求めている。考えることを放棄している。自信が揺らいている。
■■■■■■■  手応えを感じない。
桃色を選んだ人→ 優しさでできています。愛情と生命力に溢れています。気配りが自然にできているとき。
■■■■■■■  自分も誰かに甘えたい。強い欲求を持っている。
灰色を選んだ人→ 感情をコントロールして調整役になっている。何事にも消極的になっている。なんでも受け入る忍耐力を
■■■■■■■  持たないといけないと感じている。自分を抑えて我慢している。不安を感じている。用心深くなっている。
黒色を選んだ人→ 努力している。一生懸命取り組んでいる。アタマがかたくなっている。周囲から強く見られたい。
■■■■■■■  威厳を保ちたいという意識が強い。弱さを悟られたくない。苦境から抜け出したい。
水色を選んだ人→ 気持ちがうまく伝えられてないと思っている。アピール不足を感じている。自分だけが何かに気付いている。
■■■■■■■  気遣いをしすぎて疲れている。

 

結果はいかがでしたか?

なぜだかわからないけれど特定の色が目に止まって気になる…というときは
その色があなたの体や心の状態を教えてくれているという捉え方ができます。
そんなときはその色の特性を調べてみてください。
自分が今何を求めているのかがわかり、問題解決の手助けになるかもしれませんよ。

[出典:http://iro-color.com/episode/color-fortune-telling.html]

 

“WORK SHOP!”

2.”色のイメージ”を表現してみよう!

基本的な色のイメージがつかめてきたところで、言葉を色で表してみよう!
ということで実習をしてもらいました。

▼はじめに簡単に色のトーンについて説明したあと、参考にこんなものを紹介
DSC_1368edit

 

▼カラーイメージスケール(色を明暗、強弱の軸で分類したもの)

イメージスケール

 

▼言語イメージスケール(修飾語に使われる言葉を明暗、強弱の軸で分類したもの)

言語イメージスケール

 

▼配色イメージスケール(修飾語に使われる言葉を色で表し、明暗、強弱の軸で分類したもの)

配色イメージスケール

 

これらの表は私がファッション専門の学生時代に授業ででてきたもので、これをもとにイメージマップを作ったりしていました。
(例えば、「ゴージャス」であれば、「ゴージャス」な印象の写真を集めてコラージュしたもの)

言葉のイメージから色を選ぶときに参考にしていたものです。

 

そして、今回ピックアップした言葉はこちらの3つ!

■セクシー
■落ち着く空間
■大人かわいい

199色のカラーカードの中からそれぞれ5色を選んでもらいました。

DSC_1372edit
DSC_1373edit
DSC_1377edit

“大人かわいい”はなかなか難しいようで、みなさん頭を悩ませていました。

 

”そして発表”!

DSC_1379edit

特に貼り方を指定したわけではなかったのですが、そこにも個性が出ますね^^

 

さてさて、見ていくと…

「セクシー」

紫系を使う派とピンクを使う派が多かったです。
個人的に“ピンク=かわいい”のイメージだった私には少し驚きでした。
また、ヌーディなイメージからセクシーを想像するそうで、ベージュを選んでいる人も多かったです。
なるほど、そういう発想もあるのか~と興味深い結果になりました。

 

「落ち着く空間」

緑色や茶色、青色系の色が多く、土や木など“自然”を想像する色を選ぶ傾向が見られました。
トーンはやはり“落ち着く”をイメージした彩度が低めの色が多かったです。

 

「大人かわいい」

誰もが頭を悩ませたこのテーマ!
印象が強いビビットなカラーではなく、落ち着いたトーンの色を選んだ人が多く、色味としては幅広く出ましたが
“かわいい”があったのでピンクを入れた人もいれば、逆に“大人”があるからピンクをいれなかった人もいて、おもしろかったです!
中には“大人かわいい=吉瀬美智子”さんをイメージしたという人も^^

 

こうしてやってみると、だいたいの傾向は見られますが、
人によって言葉に対する色のイメージが違うことがわかりました。

色に対するイメージはその人の今までの経験で得られるものなので、やはり個人差があるんですね。
んー、興味深いです。

 

”国によって色のイメージは違う”

ちょっと余談ですが、国や時代によっても色に対する共通認識が違います。

例えば日本では
■男性⇒青、黒
■女性⇒ピンク、赤

このイメージが強いですよね。

ランドセルの色だったり(最近はカラーバリエーションが増えて色々選べるようですが)
トイレなど、男女のものは色分けされていることが多いです。

一方、海外のトイレではどちらも青色や黒色と同じ色が使われていて、
ピクトグラム(絵やマーク)で判断することが多いそうです。

香港のトイレは、以前は男性用が赤色で、女性用は青色と日本と真逆だったそうで、日本人はよく間違えていたみたいです。
確かに色で判断しちゃいそうですね^^;

そしてなんと約100年前、西洋では
■ピンク⇒男性の色
■ブルー⇒女性の色

だったんですよー!

色の認識っておもしろいですね!

 

2015年のトレンドカラーは ”あずき色” ?!

3.2015年トレンドカラー紹介

実習の後は少し休憩をはさんで、2015年のトレンドカラーを紹介しました!

ところでみなさん、
流行色って「2年前」に「話し合い」で決められているって知っていますか?

JAFCA
[出展サイト:http://www.jafca.org/colortrend/]

 

国際間で流行色を決定するインターカラー(国際流行色委員会)という機関があり、
加盟国(日本は発起国として1963年から参加。現在では15ヶ国が加盟している。)がそれぞれ流行色を提案し、
社会動向などを踏まえて選定されたカラーが、トレンドカラーとして実シーズンの2年前に発表されているんです。



そしてそれを元に、
実シーズンの1年半前に日本の流行色を決めているJAFCA/ジャフカ(日本流行色委員会)が
国内向けのトレンドカラーを決定し発表。



メーカーがその情報をもとに商品化し、
トレンドカラーとして私達消費者の前に現れる、という流れになっています。

 

つまり流行色はただの「はやり」ではなく「一大産業」なんですねー。

なので、実際に発表された色が流行るかといえば、
そういうわけではないのだとか…。

 

そして、さまざまな分野での世界的な色見本となっている
『PANTONE(パントーン)』から発表された今年2015年の流行色はこちら!

marsala

昨年末に発表されているので、すでに知っている方も多いと思いますが…

『マルサラ』という明るいブラウンでチョコレートに少し赤味を足した大人っぽいエレガントな印象の色です。
日本でいうとあずき色…?

もとはイタリアのシチリア島の都市の名前でもあり、
そこで作られている赤ワインの名前でもあるそうです。
そういわれるとワイン色に見えてくるから不思議ですね…。

 

≪その他の春夏の流行色はこちら≫

 

▼メンズ流行色6色
2015トレンドカラーmen

 

▼レディース流行色6色
2015トレンドカラーwomen

メンズカラーがわりとベーシックな色味に対して、レディースの方はカラフルです。
どちらも共通して落ち着いたトーンの色が多い印象です。

 

流行色というとファッションをイメージする方が多いと思いますが、
もちろんWEBデザインでも利用できます!

個人的には実際に制作する業種やコーポレートカラー、
コンセプトやターゲット層を意識してデザインすることが多いですけど
もし流行色の動向を知っていれば、提案する際の説得力が増しますよね。

「感度の高いターゲット層を意識して今年流行色のマルサラを使用しました。」
なんて説明できたら、納得してもらえる要素のひとつになるかもしれませんよ!

 

「Marsala/マルサラ」のカラーコードはこちら↓

【RGB】R150、G79、B76
【HEXカラー】#955251

ぜひ活用してみてください♪

 

”自分に似合う色” を知ろう!

5.パーソナルカラー診断

今回の講座のメインイベントとなるパーソナルカラー診断!

パーソナルカラー診断とは、
顔の下に布をあて、肌の色や瞳の色の見え方で似合うカラーを
➀スプリング ➁サマー ➂オータム ➃ウィンター の4タイプに分類するカラー診断です。

 

今回、この講座の前に私も自分のパーソナルカラーをプロの方に診断してもらい、
そこで聞いた診断のコツをもとに実践してみました!

DSC_1402edit

こんな感じで同じ色でも色味の異なる布をあてて診断していきます。
布の色によって顔色が明るく見えたり、くすんで見えるので
その中から顔色が一番よく見える色をしぼっていきます。

 

DSC_1395edit
DSC_1390edit

診断が簡単な人もいれば、複数のタイプが似合う人(中間タイプ※)もいて、
なかなか難しかったですが、結構楽しんでもらえたようで、
診断結果の色の服を試してみるという人もいてやったかいがありました~!

ただパーソナルカラーは誰にでもあるものですが、
好きな色が似合う色ではなかったからといって、使ってはいけないというわけではないので
(顔周りにはあまり使わないほうがいいかもしれませんが…)
自分の似合う色を知った上で、好きな色との組み合わせを楽しんだらいいんじゃないかなーと思います!

美容室やデパートの化粧品売り場などでやってくれるところもあるので
気になる方は聞いてみてみるといいですよ。
※メインシーズンとサブシーズンの組み合わせで(例:春(秋)タイプ)16タイプに分ける診断方法もあります!

パーソナルカラーについて詳しい情報はこちらを参考にしてみてください↓
[参考サイト:http://www.geocities.jp/net_t3/color/personal.html]

 

6.色に関するおもしろサイトを紹介

最後に言葉を入力するだけで、その言葉のパーソナルカラーを診断してくれるサイトを紹介しました!

▼それがこちらの色検索サイト
http://farbecolore.com/

 

どういうシステムになっているのかはわかりませんが、言葉を入力すると、それをイメージした色が抽出されます。

試しに『GOSPA(ゴスパ)』で検索してみると…

GOSPAカラー

カラー属性は橙色だそうです!コーポレートカラーと一緒!
全体的に彩度は低いですが、彩度をあげていったらロゴに使ってる色になるんじゃない?と思える色もあって、結構合ってて驚きました。

他にも人物名とかでも検索できますので気になる方はチェックしてみてくださいね!

 

人は無意識に色の影響を受けています!

今回カラー講座をやらせてもらって、個人的にもっと色に対して興味が湧いてきました!
パーソナルカラー診断もちゃんと勉強してみたいなーと思ったり。
おそらくほとんどの人が、色を「ただの色」として認識しているかと思います。
ですが、人の心というのは、無意識的に色の影響を受けています。

色が私たちの心理状態へ与える効果を知っていれば、
相手にいい印象を与えることができたり、コミュニケーションにも活用できますよね。

もちろんデザインには必須です!
様々な公共物や私有物は、作り手側が「色がもたらす印象」というものを考慮したうえで作っているケースがほとんどです。

 

今回の講座では、「色を楽しんでもらう」というのが一番の目的だったので、
内容としてそんなに難しいことはしませんでした。

この講座を通して、
身近にある色について知っていると色んなことに活用できるし、楽しいよ!っということが伝わればうれしいです!

 

最後に実習で使ったカラーカードをカッターで1時間かけて切ってくれたデザイナー・木村氏が、
見よう見まねでパーソナル診断してくれました^^!

DSC_1454edit

 

この記事を書いた人

塩原 久美子
ファッションデザイナーからWEBデザイナーへと転身した異色の経歴。福島からAirbnbを利用して都内のゲストハウスを渡り歩きGOSPAへ通勤するという意味不明な行動力の持ち主。

この人が書いた記事

  • ランディングページを初めて作る人必見!<br />【制作前に知っておくべきポイント】

    ランディングページを初めて作る人必見!
    【制作前に知っておくべきポイント】

    技術

    2015.10.19

  • 社内WS レポ【6月】<br />「普段の印象をアップするカラー講座!」

    社内WS レポ【6月】
    「普段の印象をアップするカラー講座!」

    イベント

    2015.7.10

  • 知っていると仕事や私生活でも活かせる!色のもつイメージとその効果

    知っていると仕事や私生活でも活かせる!色のもつイメージとその効果

    技術

    2015.6.25

その他の最新記事

Read More >>