コラム

2015年8月7日 / イベント

レポート 初心者向け『お金の教養講座』


お金セミナー_TOP

みなさん、こんにちは。
常に老後の不安にさいなまれながらコードを書く開発グループの尾嵜です。

 
いきなりですが、みなさんは
「将来自分にどれくらいお金があるか?」とか、
「幸せな老後を送るために今からできる事はなにか?」など、
将来のお金の事について考えたことはありますか?
私は常にそんなことを考えながらコードを書いていますが、満足出来る回答も、満足できるコードもアウトプット出来ていません。

今回はそんなマネーライフに関わる内容を学べる講座が、社内で開催されると聞いたので、
老後の不安解消と仕事の効率化をはかるべく参加してまいりました。
 

いつの時代も論争の尽きない
「持ち家がいいか?賃貸がいいか?」の見解も紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

 
 

セミナー開催のきっかけ

そもそもこの講座が行われたきっかけは

社長からの
「もっと社員一人ひとりがお金の知識を深めたらどうかな? 
 きっとタメになるし、幸せなキャリアライフにも欠かせないことだと思う!」
という提案でした。
ナイス提案です社員。

そこで今回は、年間約1,000もの講座を行っているマネースクール 
”ファイナンシャルアカデミー” から専門の講師の方を招いて
貯蓄や運用など、お金の”仕組み”をやさしく学べる初心者向けの「お金の教養講座」が開催されました。
ナイス開催ですGOSPA。

edit-9479

edit-9482

▲当日は”老後に不安を感じる人(自分)”や、”過去にお金で失敗した人”、”金の亡者”などたくさんの参加者が集まり、大盛況でした。
 
 

かしこい家計簿のつけ方など実践的な内容

edit-9483

講座は全体で約2時間。
その中からいくつか印象の強かったものを紹介します。

 

【かしこい貯蓄方法】

講師の方がおすすめしていたのが
収入を「どんな配分で、何に当てるのか決めておく」というもの。
 
収入が入ったら
2割⇒天引きで貯蓄
2割⇒自己投資
6割⇒生活費

 
これは最も無理をせずにお金を増やしていける配分だそうです。
バランスが大事なんですね。

 

【ファイナンシャルアカデミーが薦める家計簿のつけ方】

■レシートを毎回とっておき、費用の種類別に仕分けておく
 
■支出は直接通帳に書き込んでいく
 (こうすることで毎月の家計簿を作ってしまおう!)

 
なるほど、こうすることで
市販の細かく項目の分かれた家計簿をつける必要がなくなるというわけですね。

 

他にもフリータイムがもうけられたり、
今さら聞けないお金についての疑問を
直接講師の方に聞ける時間なんかもありました。
 
 
また、預金や債券、株式など、より詳しい内容の講座の用意もあるとのことで、
ちょっと気になります。

 
 

-講座を受けた感想-

受講前は老後の不安でいっぱいでしたが、
お金の教養について、事例を踏まえながらやさしく噛み砕いて教えて頂けたので、
だいぶ頭がスッキリしました。

まだやっと”お金の教養”がレベル1にあがった程度だと思いますが、
これをきっかけに更にお金の教養レベルを上げていきたいと思います。

 
 

夢のマイホームについて

あ、そうそう
冒頭に話しました「持ち家がいいか?賃貸がいいか?」についてですが、

今回の講師の方のお話だと
持ち家と賃貸では、利回りがいい物件を買いましょう!ということで
「持ち家」を推奨していました。

こちらは諸説あるので参考程度に
頭の片隅に入れておいてはいかがでしょう。

 
 

GOSPAでは様々なセミナー、ワークショップが開催されているので、(イベントはこちらで確認できます)
老後に備えお金関係のセミナーを狙って参加したいと思います。

この記事を書いた人

尾嵜 弘幸
駆け出しシステム開発者。アルバイトも含め経験した職業は10種類以上。20代も終わりが見えてきたころ一念発起してIT業界へ。最近の悩みは平日に将棋の中継をながら見できないこと。

この人が書いた記事

  • レポート 初心者向け『お金の教養講座』

    レポート 初心者向け『お金の教養講座』

    イベント

    2015.8.7

その他の最新記事

Read More >>