コラム

2015年2月27日 / イベント

初心者向けWSレポ
『一眼レフカメラでボケ味のある写真を意のままに撮る』


cam

開催:1月31日(土)13:00~16:00

1月末日、GOSPAディレクター / カメラマンの大野による「一眼レフカメラでボケ味のある写真を意のままに撮る」ワークショップが開催されました。

recture

新入社員のくまさんこと熊瀬川さんも参加。
彼も一眼レフカメラはこの日が初めてです。

kuma

今回のワークショップは、ボケ写真を狙って撮れるようになることを目的に、講義とフィールドワークを行いました。10人弱の参加者さんたちと終始和やかに行うことができました。

 

写真を撮る上で基本になる要素を確認

●絞り
絞り羽の開放具合をF値で表す。

数値が小さくなるほど絞りは開放され、光が多く取り入れられる。
数値が大きくなるほど絞られ、光は少なくなる。

後述の被写界深度に大きく関わる要素

●シャッタースピード
センサーに光を当てる時間のこと。

数値が小さくなるほど光が当たる時間が短くなる。早い動きを捉えることができる。
数値が大きくなるほど光が当たる時間が長くなる。手ぶれや被写体ぶれが起こりやすくなる。

●ISO感度
光に対する敏感さを数値化したもの。

数字が小さくなるほど光に対して鈍感になる。
晴天時など光が強い時に露出オーバーにならないようにする。
ノイズが少なく鮮明に撮れる。

数字が大きくなるほど光に対して敏感になる。
夜など光が弱い時に露出アンダーにならないようにする。
ノイズが増え、画像が粗くなってしまう。

●焦点距離
写真の画角を決める要素。

数字が小さくなるほど画角は広くなり、被写体は小さく写る。奥行きやサイズ感を表現できる。
数字が大きくなるほど画角は狭くなり、被写体は大きく写る。圧縮効果がある。

後述の被写界深度にも関わります。

 

ボケ写真を撮るには

●被写界深度
今回のワークショップのキモ

hishakai

この基本を押さえつつ、被写界深度をコントロールして写真を撮ってもらいました。

 

フィールドワーク

●実際に外堀通りに出て撮影
被写界深度を活かした写真を意識して撮ってもらいました。
以下にWS参加者撮影の作品をいくつか紹介します。

km

og

td

sd

みなさんフィールドワークの中で目の付けどころが変わっていったのが感じられましたね。
講師も負けずに撮りました。

on1

on2

うーん。いかがでしょうか。好きな写真はありますか?

 

まとめ・総評

絞りを開放する、焦点距離の長いレンズを用いる、近い被写体を撮る、この3つが写真がボケる条件です。逆のことを行えば、画面の隅々までピントが合う(パンフォーカスといいます)ようになります。

今回のWSの主題は、カメラの基礎中の基礎。しかしスマホやコンデジなどの手軽なカメラには無い機構なので、今まで考えもしなかった要素です。実際に撮影に入ると絞り優先オートに設定し、絞りを調節することが基本になるので馴れればそこまで難しい内容でないのはすぐに分かります。しかし、それをうまく生かすには少し練習が必要です。

ボケ表現は奥行きや空間の表現、また主題の強調のために用います。主題を観察から発見し、より主題を引き立たせる工夫が必要です。フィールドワークが進むにつれ、普段では目に付かないようなものでも注意して観察する姿を多数見かけました。

掲載しております作例はどれも効果的に表現を使えているものです。写真を光学的に理解することで写真の面白さの第一歩を知っていただけたのではないかと思っております。

また写真のWSを行う予定ですので、今回参加できなかった方もSNSや本ブログにて次回をチェックの上お越しください!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
大野 拓哉が執筆した他の記事
「写真係・カメラ係」がLightroomを使うべき、たった1つの理由 (2015/08/17)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この記事を書いた人

大野 拓哉
地方でパフォーマーとして活動していたが、定職に就くべく突如WEB業界へ。パフォーマー時代に得た不屈の心と、学生時代に得たデザイン、写真、動画などのスキルをベースにアートディレクタを目指して業務に励む。最近髪が生えました。

この人が書いた記事

  • コミュニケーション予算レポ<br />『テーマ:“旬のうまいもの”を食べる』

    コミュニケーション予算レポ
    『テーマ:“旬のうまいもの”を食べる』

    イベント

    2015.8.18

  • 「写真係・カメラ係」がLightroomを使うべき、たった1つの理由

    「写真係・カメラ係」がLightroomを使うべき、たった1つの理由

    技術

    2015.8.17

  • 初心者向けWSレポ<br />『一眼レフカメラでボケ味のある写真を意のままに撮る』

    初心者向けWSレポ
    『一眼レフカメラでボケ味のある写真を意のままに撮る』

    イベント

    2015.2.27

その他の最新記事

Read More >>